薬剤師の転職サイト

薬剤師転職サイトのスタッフは転職先企業の裏事情も把握しています。

これから転職を考えている薬剤師の方は、是非とも転職サイトを利用してみてください。私も過去に2回転職しましたが、すべて転職サイトを利用したことで、理想的な企業に転職することができました。

 

転職サイトにもいろいろあって薬剤師の求人がたくさんあるところがあるので、そのような専門的なサービスを利用されると良いでしょう。

 

私が薬剤師専門の転職サイトを利用してみて、一番すごい!と思ったメリットは、転職サイトのスタッフは求人を出している薬局や病院やドラックストアの裏事情まで把握しているという点です。

 

裏事情を知っておけば転職に失敗することがなくなる!?

 

転職する前に病院や薬局やドラックストアの裏事情を知っておけば、転職した後に働き始めて失敗した・・・と思うこともなくなるのです。では、転職サイトのスタッフはどのような裏事情を把握しているのでしょうか?

 

私が聞いた情報では、次のようなものがありました。

 

「●●薬局は、転職させた薬剤師からの評判も非常に悪く離職率も高くて問題がある。対応も非常に悪いので、積極的に紹介していない。●●病院は、経営が傾いているから、給料がどんどん下がっていてボーナスもカットされている。●●ドラックストアは、職場の雰囲気が最悪で、ギスギスした人間関係となっている。」

 

このような裏事情を果たして、普通に転職活動をしている薬剤師が知りえることができるでしょうか?絶対にできないと思います。

 

転職先企業のメリットよりも、このようなデメリットやリスクについて知ることが転職活動をする上で一番大切なことだと思います。

 

デメリットやリスクを理解して、それでもその職場で働くことが自分にとってプラスになるなら、転職しても後悔することはないでしょう。

 

しかしながら、転職サイトのスタッフがやめておいた方が良いというくらいですから、できればそのような転職先を選ばないほうが良いと思います。

 

薬剤師の職場環境は経営者によって決まると思います。

 

薬剤師の職場環境は経営者によって決まると思います。私は薬局やドラックストアなど計5回も転職してきましたが、どこの経営者も性格が悪かったり癖のあるタイプで、1度も良い職場に巡り合えたことがありません。

 

経営者のセンスもなく、リーダーシップもとれないなら、経営者になるべきではないと思います。本当に経営者失格・・・と言いたくなるような人が多いと思います。経営者が何も考えていないと、その職場にも悪い影響が出てしまいます。

 

経営者がしっかりとした理念を持っていないと、薬剤師や他のスタッフを統率することができないので、どうしても質の悪いサービスしか提供できなくなってしまうのです。

 

また、なにかとケチってしまい、コストカットばかりすることで、質の良くない薬剤師ばかりが集まり、結局は患者様からの信用を失ってしまうのです。そのような職場で働いても、1つのスキルアップも実現できないと思います。

 

むしろ、薬剤師の仕事が嫌になってしまうのではないでしょうか?だから、就職や転職をするときは、しっかりと経営者と話した方が良いと思います。いろいろと質問したり話を聞いたりしていると、その経営者の裏側が見えてくるからです。

 

しっかりと信念や理念をもって患者様のことを重視している経営者なら、そこには薬剤師も他の専門職の方も優秀な方が集まってくるのです。

 

そのような質の良い職場で働くことができれば、薬剤師としてのスキルアップを実現させることができるのです。優秀な薬剤師やスタッフと仕事をすることで、間違いなく自分のレベルもあがるし、意識も高くなるのです。

 

面接で受かるコツ、服装や髪形やマナーまですべてアドバイスをいただきました!

 

薬剤師の転職エージェントを利用したことで、いろんなメリットを得ることができました。転職エージェントでは、なんでも手厚いサポートをしてくれるので、かなり採用されるためのコツをつかむことができました。

 

まず、一番よかったと思えたのは、転職エージェントの担当者から、面接で受かるコツを教えてもらったことです。

 

抽象的なアドバイスではなく、どうしたら受かるのか?面接官に好印象を与えることができるのか?具体例を出してもらい、効果的なアドバイスを受けることができました。また、転職が初体験だった私は転職面接を経験したことがなかったので、模擬面接の練習を何度もしてもらうことができたのです。

 

この模擬面接の体験がなかったら緊張しすぎてしまい、受からなかったことでしょう。トータルで10回以上、転職エージェントの担当者と模擬面接の練習をしたことが、面接で受かった勝因だったと思っています。

 

本当に多忙な中、10回以上も模擬面接につきあってくれた担当者の方に感謝しています。

 

面接で受かるコツは他にもあります。面接の時の服装や髪形にも気を付ける必要がありました。薬剤師という資格を持っていると、つい傲慢になってしまう方が多いのです。薬剤師の資格を持っているだけで、どこでも採用してもらえるという傲りがあるからです。

 

だから、気づかぬうちに傲慢になってしまい、態度とかもマナーも悪くなってしまうのです。

 

だからこそ、本当にここに転職したい!という職場を見つけることができたら、しっかりと面接で好印象を与えるだけの準備をしておく必要があるのです。

 

ちょっと地味かも・・・と思えるくらいの服装や髪形にしておくことが面接に受かるコツです。

 

派手な服装や髪形やメイクの方は、薬剤師として適していないと判断されてしまうことが多いのです。

 

現役で薬剤師として働いている方をみてもらえば、分かるとおり、、非常に良い意味でも悪い意味でも地味な方が多いのは、このような経営者の意向があるからです。