医師の処方特徴

転職する薬局を選ぶ時は、その医師の処方傾向を知ってからにすることが肝心です。

転職する薬局を選ぶ時は、その医師の処方傾向をしっかりと理解しておくことが重要です。

 

なぜなら、医師の処方傾向によって、薬剤師として転職して身に付けることができる知識や経験にはかなり差が出てしまうからです。

 

正直なところ、経験がない無能な医師についてしまえば、何年間その薬局で働いても他で通用するようなキャリアを手にすることができないということです。

 

そういった意味では、ベテランの医師が処方してくれる薬局を選んだ方が薬剤師としてのレベルアップは実現することができるでしょう。

 

しかしながら、転職する前にその病院の医師の処方傾向を知ったり、能力を知ったりすることは普通の薬剤師ならできません。働くまでは、どのような医師がどのような処方傾向のもとでやっているのか分からないのが当然だからです。

 

だからこそ、薬剤師専門の転職サイトを利用するのです。薬剤師専門の転職サイトなら、転職先の薬局の医師の処方傾向まで事前に調べてくれるので、転職して失敗した・・・という危険性を少なくすることができるのです。

 

スキルアップしたい科によって薬局を選ぶ

 

例えば、小児科、皮膚科、外科、内科など、様々な科がありますが、どの科のスキルアップを実現したいのかしっかりと考える必要があります。それによって、どの病院の門前の薬局を選ぶのが自分にとって最適なのか知ることができるのです。

 

なにも考えずにとりあえずどこでもいいからという考えで、転職する薬局を選んでしまえば、失敗してしまうのです。どうしても医師次第となってしまうことが多いので、その薬局の医師の能力や処方傾向に大きく薬剤師のキャリアは左右されてしまうのです。だからこそ、どのような医師なのか?事前に転職サイトのスタッフに確認しておくことが大切なのです。

 

事前に薬剤師専門の転職サイトのスタッフに相談することで、自分が薬剤師としてどのようなキャリアアップやスキルアップを遂げたいのか?それを知ることもできるのです。転職してみたいけど、どこの転職するのが正解なのかわからないという方には相談してみることをおすすめします。

 

皮膚科の薬剤師になるなら、服薬指導はできないと思った方が良いでしょう。

 

いろんな科がありますが、もし服薬指導のスキルを上げたいなら、皮膚科は選ばない方が良いでしょう。

 

様々な科がある中で、特に皮膚科の場合は、服薬指導ができないケースが多いからです。なぜ、できなのか?というと、積極的に服薬指導をする薬剤師を好まない医師が非常に多いからです。

 

好まないだけなら良いですが、服薬指導は一切しないというルールまで作っている皮膚科の医師も少なくないのです。服薬指導ができないとなると、薬剤師は単純に薬を袋につめて渡すという業務になってしまいます。それなら、薬剤師の資格を持っている意味はないですよね?

 

つまり、皮膚科ほど薬剤師として就職や転職をしないほうが良い科はないということです。特に新人の薬剤師なら、絶対に皮膚科の薬局は避けた方が良いと思います。なぜなら、まったく自分のスキルになることはないからです。

 

新人の薬剤師の場合は、働いたら働いた分のスキルを身に付けることができなければ、次の転職にも将来のキャリアビジョンにもつなげることができないですからね。

 

これから就職や転職を考えているなら、皮膚科は避けて、別の科で服薬指導も自由に積極的にやらせてくれるところを選びましょう。服薬指導などを積極的にやらせてくれて、医師に疑義照会などもすることができれば、スキルアップにつなげるような経験を重ねることができるのです。