年収アップ

薬剤師の年収相場を気にするよりも自力で年収アップを目指すべきです。

薬剤師の年収相場が今後どのようになってくるか?ということを心配するよりも、自分がう薬剤師としてレベルアップして、その見返りとして年収がアップする!と言う考え方をもったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、年収相場ばかり気にしてしまうと自分が努力して薬剤師として認められて、その功績として年収がアップするという考え方をもてなくなってしまうからです。

 

そのようなことになれば、スキルアップもできないし、貴重なキャリアを積む時間を無駄にしてしまうのです。そうなれば、薬剤師としての成長を遂げることはできないでしょう。

 

薬剤師の資格だけあれば高い年収が稼げる時代は終わります。

 

今は薬剤師の資格さえあれば、雇用形態に関係なく正社員でもアルバイトでも派遣でもパートでも高い年収を稼ぐことができます。

 

なぜなら、薬剤師のスキルが経験がなくても、ドラックストアなどでは薬剤師が不足していて、資格を持っていて店頭にいってくれるだけで高い年収をもらうことができるからです。

 

しかし、これからは薬剤師の数もどんどん増えてくるので、完全な売り手市場から買い手市場に移行することが予測されます。

 

予測というよりも確実に売り手市場から買い手市場になるという根拠を明示している専門家が増えているのです。

 

ということは、今までの感覚で薬剤師をしていたら、どんどんスキルアップもできなくなりキャリアを積むこともできなくなり、結果、年収が下がってしまう・・・という悲惨な事態になってしまうのです。

 

それを避けるためには、やはり、年収が高いから薬剤師をやるという考え方を捨てて、薬剤師として人のために役立つことがしたい!という気持ちを前面にだしていくことが大切だと思います。

 

そのようなやり方で、薬剤師と向き合うことができれば、年収はあとからついてくるものだと思います。

 

少なくとも私は薬剤師という仕事と真面目に向き合うことで、今の職場でもスキルアップやキャリアアップを実現することができました。

 

不思議とスキルアップやキャリアアップすることで、上司はみていてくれるものです。そして、評価されて、その結果、年収を上げることができるのです。

 

住宅手当など福利厚生が充実しているところに転職することができました。

 

前職では、かなり規模の小さい個人クリニックだったので、福利厚生がお粗末で将来的な不安を感じていました。アットホームで素晴らしい職場だったので、福利厚生が悪くても、なんとか3年間は我慢して薬剤師として働くことができました。

 

しかし、同級生の薬剤師と食事したりすると、あまりの待遇の違いに口惜しい気持ちになりました。

 

もう少し経験を積んだら、もっと待遇の良い職場に転職しようと思っていました。アットホームな職場であるメリットが大きいので、ここで薬剤師として学べることはすべて学んでから転職した方が良いと思ったのです。

 

そして、5年間、前職の職場で仕事をして、6年目に転職をすることにしました。

 

今度は、住宅手当などの福利厚生が手厚くしっかりとした薬局や病院に転職したいと思い、その希望をメインに転職活動をして求人を探しました。

 

自分では探せる数にも限界があると思ったので、転職サイトに登録して、求人を紹介してもらいました。

 

すると、40件以上の求人を紹介してもらうことができました。もちろん40件とも、前職よりもかなり待遇が良いところです。

 

というか、前職の待遇も福利厚生もあまりにも悪かったので、もっと良い求人が40件以上あっても、当たり前のことなのです。