年収が下がる

薬剤師もどきが出現したことで薬剤師の年収はどんどん下がっていく?

最近、薬剤師もどきが続々と出現しています。薬局もどきとは、薬剤師の資格ではないのですが、一応、薬を販売することができる資格を取得して薬を販売している業者のことです。

 

そんな業者いるの?と思う方が多いと思いますが、1番身近な薬剤師もどきは、コンビニです。コンビニではちょっとした薬とか販売していますよね?将来的には、薬局と変わらないような薬を販売するコンビニが登場するかもしれません。

 

コンビニもドラックストアみたいに薬局を併設するかもしれないからです。とうか、その可能性は高いと思います。コンビニはなんでもやりますし、全国にある店舗数からしたら、圧倒的に強いですからね。

 

あと、なにはともあれ、コンビニに薬局が併設されれば、世の中の高齢者が喜ぶという点が大きいと思います。そういった意味では薬剤師の年収が下がってしまう・・・という意味では反対ですが、世の中の高齢者のためになると考えると、非常に素晴らしいことかと思います。

 

しかしながら、薬剤師もどきがどんどん出現することで、どんどん薬剤師の資格の価値が下がってしまうという事実は、同じ薬剤師としては辛いことです・・・。

 

薬剤師の資格が必要なくなってしまうかも・・・?

 

将来的には、6年間もかけて取得した薬剤師の資格が必要なくなってしまう可能性も考えられます。

 

薬剤師に変わるもっとハードルの低い資格があれば、すべての薬が販売できるというような法律ができてしまえば、十分にその可能性があるからです。将来的に、薬剤師の人気がなくなり薬を処方できる人がいなくなってしまえば、国はそのような法律を改正してしまうかもしれません。

 

なぜなら、高齢者の数が激増するので、薬剤師の数が足りないと、簡単に自宅の側で薬を手に入れることができなくなってしまい、結果的に苦しむのは高齢者になってしまうからです。

 

高齢者が苦しむようなら、なんとか解決しなければならない!そうなると薬剤師の資格がなくても他の資格で一時的にでも薬が販売できる時代がやってくるかもしれません。そうなれば、薬剤師の需要は信じられないくらい下がってしまい、もちろん年収も今のような高い水準を維持することはできないでしょう。

 

また、年収が下がって薬剤師の資格の価値も下がってしまえば、わざわざ高い学費を払って6年間も勉強して薬剤師の資格を取得しよう!なんて考える人がいなくなってしまうかもしれません。

 

今後、パートやバイトの薬剤師が増えることで世間からの評価はさらに下がる!?

 

今後は、薬局でも病院でもパートやバイトの薬剤師がどんどん増えていくことでしょう。母体となる企業は生き残っていく中で、もっとシビアになり、人件費をカットする傾向が強くなっていくと思われます。

 

人件費をカットすることが最も利益を出すことができる簡単な方法だからです。正規社員の薬剤師には、とんでもない額の人件費がかかってしまうので、できることなら正規社員の薬剤師を減らしていきたいと考えているのです。

 

だから、どこの薬局でも病院でもどんどん正規社員の薬剤師が減っているのです。そのかわりに、パートやバイトの薬剤師が増えているのです。つまり、正規社員のいなくなった穴埋めを、経験のないパートやバイトの薬剤師がうめているという形になっているのです。

 

しかし、そのような事情は患者様にはまったく関係がないことだと思います。患者様からすれば、正規社員の薬剤師でもパートやバイトの薬剤師でも、その違いなど分からず、薬剤師なら大丈夫だろう!と思って薬を飲んでいるのです。

 

だから、もし、経験がないパートやバイトの薬剤師のせいでミスが起こり患者様からの信頼を壊すことになれば、ただでさえ低い薬剤師の評判がさらに下がってしまう・・・という懸念がされているのです。

 

そもそも、バイトやパートなのに、処方箋に印鑑を押せる権利を持てるということがおかしいと思うのです。確かに薬剤師の資格を持っているから、その権限は持っているといっても良いのですが、経験がまったくない薬剤師が処方箋に印鑑を押すのは、なんだか危なっかしい気持ちになりますよね?

 

素人が考えてもそれは不安になることだと思います。今後は、薬剤師の資格を持って入ればすぐに業務に戻れるのではなく、一定の経験がなければ、そういた重要が業務はできなくさせるべきだと思います。そうすれば甚大なミスを防ぐことができるからです。