在宅薬剤師

薬剤師の年収アップの限られた道は、今後、在宅になっていく!?

病院は薬を販売することをやめて、ドラックストアや薬局に譲りました。今後は、ドラックストアも薬局も薬を販売することをやめて、業者に譲ってしまうかもしれません。

 

そのような時代は確実に訪れると私は推測します。さて、そのようになったら薬剤師はどのようなことになってしまうのでしょうか?

 

今までは、病院や薬局やドラックストアで引く手あまたの高い年収をもらっていた薬剤師ですが、そのような事態になれば、薬剤師は病院でもドラックストアでも薬局でもお払い箱となってしまうのです。

 

そうなれば、薬剤師として雇用を失ってしまうので、必死になって転職活動をするしかありません。多くの薬剤師が残されたパイをめぐって転職活動で競争する悲惨な事態となってしまうのです。

 

そうなれば、薬剤師の年収も時給も激減してしまのです。なぜなら、企業が薬剤師を求めていないので、高い年収も時給も支払う必要は一切ないからです。そのようなことになれば、薬剤師の暗黒の時代がやってきてしまうかもしれないのです。

 

薬剤師の暗黒の時代を回避するためには在宅がキーワード

 

薬剤師の暗黒の時代を回避するためには、在宅という道が限定されているかもしれません。

 

これからの薬剤師は在宅という分野で活躍できる可能性が広がっているからです。というか、ドラックストアや薬剤師や病院で薬剤師が必要とされなくなってしまったら在宅という現場で活躍するしか道が選べなくなってしまうということです。

 

しかし、在宅でそれなりの仕事をこなすことができれば、今の薬剤師の年収のレベルを保ちながらキャリアを身につけることができると思います。つまり、今の高水準の年収のままで在宅の仕事を続けることができるということです。

 

将来的に薬剤師として働き続けて年収を下げたくない!という方は、今から、在宅の業界に転職して、スキルや経験を積んでおくのが良いかもしれません。そのような行動を今からとっておけば将来的に薬剤師の需要がなくなってしまったときでも今と同じ高い年収をキープすることができると思うからです。

 

現時点では、在宅の分野は年収も少なく、仕事も難しいですが、今のうちにスキルを積んでおけば、将来のリスクを回避することができてしまうのです。

 

転職の決断をするなら、今だと思います。転職活動を退職をせずに今からはじめていれば、必ず、転職しておいてよかった!と思える未来がくると思います。

 

今の年収アップよりも将来的な年収アップのために、今から動いたほうが、賢明だと思います。ドラックストアなどで今だけの高い年収を得ていても、ドラックストアが薬を販売することをやめてただのスーパーになってしまえば、薬剤師として働き続けることはできなくなってしまうのです。

 

もし、働き続けることができても、普通のパート扱いとなってしまうので、時給は1000円以下になってしまうかもしれません。

 

これからの薬剤師は薬剤師の資格だけでは生き残ることができない!?

 

今後10年くらいは今のままの薬剤師の一人勝ち、売り手市場が続きますが、10年を超えたあたりからは、今とは状況がガラリと変わるかもしれません。

 

なぜなら、そのころには今とはくらべものにならないくらい薬剤師の数が増えていると予測されているからです。

 

現時点でも、薬剤師の資格を取得しておけば、一生安泰で暮らすことができるということが学生たちも分かっているので、6年制になっても薬剤師の資格を目指す学生が非常に多いのです。今後、どんどん若手の薬剤師が増えていったら、どのようなことが起きるでしょうか?

 

■薬剤師の需要がなくなる日がやってくるかもしれません。

 

将来的に、薬剤師の数が圧倒的に増えてしまい、薬剤師の需要がなくなってしまったら、どのようなことが起こるでしょうか?

 

それは、能力のない薬剤師は切られてしまい、失業してしまうこともあり得るというリスクです。さすがに失業はしなくても、今のように好待遇で楽な仕事をすることはできなくなるでしょう。

 

薬剤師の数が足りてしまうので、企業は薬剤師に対して質や経験を求めるようになるのです。そうなれば、薬剤師の資格とそこそこの経験だけでは生き残れない時代がやってきてしまうのです。

 

そのような時代の流れに取り残されて使えない薬剤師として企業からつまはじきにされないためにも、今からスキルアップのための資格を取得しておきましょう。資格と取得しておけば、転職するときでもなにかあった場合でもつぶしがききますからね。

 

他にもビジネスで使える資格を持っている薬剤師は、将来的にも生き残ることができると思います。では、どのような資格をとっておけば良いのでしょうか?

 

薬剤師として活躍するジャンルによっても異なりますが、医療、福祉系、ビジネス系の資格なら、使えると思います。看護師、介護福祉士、ケアマネージャー、簿記、MOS、MBAなどを取得しておくことで、薬剤師としてもビジネスマンとしても生き残ることができると思います。