ドラッグストア薬剤師の年収

ドラックストアと薬局のM&Aが進めば薬剤師の年収はどうなる?

もはやドラックストアは薬を販売するお店というよりは生活用品や食品を販売するイメージのほうが強くなってきました。

 

確かに、私もドラックストアにいってゴミ袋やカップラーメンを買うことがあります。最近では、野菜やスーパー並みの食料品を売るドラックストアも増えてきました。

 

もはや、ドラックストアにおいて薬を販売する場所は1番奥に追いやられてドラックストアという名前をつけるのもおかしなことになっているのかもしれません。

 

価格が安い商品がたくさんあるコンビニといっても過言ではないでしょう。だから、ドラックストアではやりがいを感じないという薬剤師も実際に多いのです。薬を販売するというよりも、薬を処方できることを売りにして、他の商品を買ってもらうことで、利益を出しているのが今のドラックストアなのです。

 

ドラックストアと薬局がM&Aしていく末路

 

ドラックストアと薬剤師が今後、M&Aしていく末路を考えてみようと思います。そのような現象が起きると、もはや、薬を販売する意味がなくなってしまい、薬を販売することをやめてしまうかもしれません。

 

そうなると、ドラックストアという名前ではなくなってしまいますね。となると、まさにスーパーやコンビニと変わらないお店になってしまうということです。

 

企業はいつでも最大限の利益を追求するものです。最大限の利益を追求していくと最終系がそのようなお店になるということは、それだけ薬を販売しても儲けが少ないということです。だったら、いっそのこと薬の販売をやめてしまおうという方針なのかもしれません。

 

ドラックストアではなくなった、ただのスーパーやコンビニになってしまえば、薬剤師をおいておく必要はありません。つまり、高い年収を支払って薬剤師を雇う必要性もなくなってくるのです。

 

そのような時代がきたら、今のドラックストアや薬局に勤めている薬剤師が解雇されてしまい、薬剤師の需要は信じられないほど低くなってしまうのです。

 

そうなれば、薬剤師の1番のセールスポイントだった年収が高いという魅力もなくなってしまうことになるのです。そうなると、薬剤師の資格を取得する人も減るので、今後は、今の看護師の問題と同じように薬剤師不足が深刻な問題になってしまうかもしれません。

 

薬剤師の年収が下がっても、高齢者のために世の中のために、使命感を持って薬剤師を続けてくれる人がいれば良いのですが・・・それはなかなか難しいと思います。