製薬会社

製薬会社に就職した薬剤師に求められる資格とは?

製薬会社に就職した薬剤師に求められる資格は、作業環境測定士、産業カウンセラー、有機溶剤作業主任、危険物甲種といったところでしょう。これらの資格は、製薬会社で働く薬剤師には必須と言っても良い資格なので、積極的に取得することをおすすめします。

 

薬剤師の方から積極的にこの資格をとりにいかなくても、就職して何年かしたら、製薬会社の方から取得するように勧められるかもしれません。

 

それくらいこれからの資格は製薬会社で働く薬剤師にとっては重要ということです。

 

転職する上でも有力な武器となります。

 

これから製薬会社の薬剤師として転職を考えている方は、先にとっておけば転職活動をする上で他のライバルを出し抜き圧倒的な差をつけることができるかもしれません。

 

転職活動を始める過程で、先述した資格を取得することで、製薬会社への転職の道が開けるかもしれません。

 

どうやって資格をとればいいの?

 

作業環境測定士は薬剤師の資格を持っていると、いくつかの項目をパスすることができるので、普通の人よりも有利に資格を取得することができます。

 

有機溶剤作業主任の資格は、なんとたった1日だけ講習を受ければ、その日のうちに取得できる資格なので、最初にとっておくと良いでしょう。

 

産業カウンセラーや作業環境測定士はそう簡単にはとれませんが、有機溶剤作業主任なら1日で取得できるので、これから転職活動をするという方には一番おすすめな資格と言えるでしょう。

 

危険物甲種も簡単に取れる資格なので、おすすめです。

 

薬局や病院などで働いている薬剤師が、これから製薬会社に転職したいと考えるなら、まず、苦労が少ない有機溶剤作業主任と危険物甲種の資格を取得するのが賢明と言えるでしょう。

 

薬剤師から医師に転身する人も少なくない!志が高い人もいるのですね!

 

薬剤師から医師に転身する人も少なくないという事実があります。薬剤師をやっていると、いっそのこと医師になりたい!という考えを抱く気持ちは痛いほどわかります。

 

薬剤師はなくてはならない存在ではありますが、どうしても医師の言いなりになってしまう部分があるからです。

 

薬剤師をやっていると私が医師なら、もっと患者様のために、こんなことはあんなことをしてあげるのに・・・とふがいない気持ちになってしまうのです。

 

そして、その気持ちを満たすためには、薬剤師のままではダメだ!自分の理想とする医療を提供するためには、医師になるしかない!と医大に入って医師になってしまう薬剤師もいるのです。

 

医師になってみると・・・変わってしまうケースも多い?

 

実際に薬剤師が医師になってみると、今まで自分が嫌っていたようなタイプの医師になってしまうケースも少なくないのです。

 

残念なことですが、比率的には圧倒的に医師になって薬剤師の時の志をキープすることができないケースが多いのです。

 

医師になると考え方も見える景色も異なってくるので、薬剤師は余計なことを言わないでいい!なんて傲慢な態度になってしまうのです。

 

また、忙しさのあまり一人一人の患者様のことを心から考えてあげる余裕が持てなくなってしまうのです。結局は、薬剤師だった頃に持っていた理想は忘れてしまい、他の医師と同じような存在になってしまうのです。

 

こんなふうになるなら、薬剤師のままの方がまだ患者様のためになったかもしれないですね。