お仕事図鑑

薬剤師のお仕事記事一覧

今、勤めている調剤薬局では規模も小さく、管理薬剤師のポストも限られています。私は、将来的にはマネジメント側にまわりたいという気持ちがあったので、管理薬剤師を狙っていたのです。しかし、規模が小さく、管理薬剤師が辞めないかぎり、次のポストがないというのが現実でした。ですので、今の調剤薬局でどれだけ頑張ったとしても、その先、期待できるものはないと思い、転職を決意したのです。もっと規模が大きくて、管理薬剤...

私は薬局に就職することを決めていましたが、星の数ほどある薬局の中で、どこの、どのような薬局に就職するべきか迷っていました。最初は、地元に恩返しをしたいという気持ちで、地元の小さい薬局に就職しようかと思っていました。そして、地元の薬局に就職してみたのです。アットホームという言葉は、この職場のためにあるような言葉かもしれないと思えるほど家庭的で素晴らしい職場でした。しかし、とりあつかう薬も少なくて、科...

製薬会社に就職した薬剤師に求められる資格は、作業環境測定士、産業カウンセラー、有機溶剤作業主任、危険物甲種といったところでしょう。これらの資格は、製薬会社で働く薬剤師には必須と言っても良い資格なので、積極的に取得することをおすすめします。薬剤師の方から積極的にこの資格をとりにいかなくても、就職して何年かしたら、製薬会社の方から取得するように勧められるかもしれません。それくらいこれからの資格は製薬会...

病院門前の調剤薬局で処方箋の数も多くて社員も少ない・・・最初は、本当に激務で耐え難い・・・辞めてしまおうか・・・とか何度も思ったのですが、3年目になって私の意識は完全に変わりました!仕事に対する考え方が完全に変わったのです。今までは完全にマイナス思考で、悪い面ばかりみてきたら、何度も辞めたいと思うくらい、職場が嫌いでした。職場が嫌いだから、人間関係もあまりうまくできずに仲良く働ける人もいませんでし...

多くの薬局では、薬局入り口などに緊急連絡先の電話番号を提示して、薬局閉店後でも対応できるようにしてありますよね。私の薬局では、患者さんからの時間外緊急連絡の電話が薬局長の携帯に転送されてくるようになっています。私は、管理薬剤師ではないので、時間外の電話に対応することはないのですが、先日初めて時間外の電話の対応をしました。管理薬剤師が長期旅行で休暇を取っている間、薬局内の薬剤師が交代で緊急連絡の転送...

薬剤師会に入会することで、会費はそれなりにかかってしまいますが、薬剤師損害賠償保険に加入できるという大きなメリットがあります。薬剤師をしていて、絶対にミスをしないと言い切れる人はいないでしょう。どんな優秀な薬剤師でも疲れていたり、うっかりミスをしてしまうこともあるのです。うっかりミスで謝罪して済むレベルだったら良いですが、謝罪では済まないこともあるでしょう。薬剤師の調剤ミスで患者様に健康被害が出て...

疑義照会をして、自分の仕事をやっただけなのに、医師に激怒されてしまいました。就職してまだまもないので、前の薬局のやり方で、普通に疑義照会をしていたのですが、どうやら、私のやり方が気に入らなかったみたいです。ありえないやり方この薬局にきてまず思ったことは、まったく患者さんのことを考えていないという点です。とにかくやたらと多く薬を出します。患者さんを薬漬けにしたいのでしょうか?薬には、医師なら当然分か...

薬剤師求人サイトを転職活動で利用するメリットは、質の良い求人を紹介してもらえるだけではありません。なんと、キャリアアドバイザーはどうしたら面接試験に合格して採用を手にすることができるのか?そのコツまで教えてくれるのです。なぜ、キャリアアドバイザーはそのような知識を持っているのでしょうか?それは、どのキャリアアドバイザーも元病院や薬局の人事部の経験があったりするからです。つまり、採用担当者の経験があ...

まず、言えることは日本の大学の薬学部ほど学生に甘い環境は外国ではありえないという点です。日本では今でもどんどん薬学部をつくる大学が出てきて、入学も卒業もしやすくなっています。入学率も卒業率も悪くなると人気がなくなり、大学としても経験が難しくなってしまうからです。このような大学の事情があるから、優秀な薬剤師が誕生しないのだと思います。外国の薬学部では単位を1つでも落としただけで、留年が決まってしまう...